競売

競売とは?

競売(けいばい)とは、住宅ローンなどの借金を返せなくなった場合に、債権者が裁判所に申し立てをすることで担保となっている土地や建物などの不動産を裁判所が強制的に売却してしまう手続きです。

場合によっては自宅から「強制退去」を命じられることもあります。

また、競売になったからといって、あなたの借金が帳消しになるわけではありません。

競売の場合は、普通に売却するよりも2~3割安い価格で叩き売られてしまうことがあり、マイホームの売却価格があなたのローンの金額に満たない場合は、その差額が借金として残ってしまいます。

そのため、あなたはマイホームを失った上に、多額の借金に悩まされることになるのです。

 

競売になると…

何らかの理由で不動産担保ローンを滞納してしまうと、お金を貸していた債権者が裁判所に申立を行い、裁判所が不動産を差し押さえ、あなたのもとへ競売開始決定の通知が送られてきます。      

この時点から4~6ヶ月後には担保となっていた不動産の競売の期間入札が始まってしまうのです。

担保となっていた不動産が競売になると次のようなデメリットが発生します。

 

競売によるあなたのデメリット

・競売の場合、本来の市場価格より安く取引されてしまうため後に多くの借金が多く残ってしまう。
・自宅も取り上げられる上に、借金の支払いは継続します。
・不動産を落札した物の都合によって、引越し時期が決められてしまう。場合によっては強制退去
 もありうる。
・引越し費用が出ることはなく、実費で立ち退きしなければならない。
・競売物件は公示されるため、新聞紙面やHPに掲載され、近隣にも知られてしまう可能性がある。
・競売になると、裁判所の執行官がやってきて、自宅の写真を撮られたり、聴取もされるため、
 精神的負担も大きい。

上記のように、ご自宅が競売にかかってしまうとあなたにとって何のメリットもありません。

競売通知や督促状が届いてしまった方

競売の開札日までに競売の取り下げを成立させる必要があります。このために出来る方法として『買戻し』『任意売却』『ご自宅の買取』『借金の調整』などがあります。

多くの不動産業者では『借金の調整』については検討をしない業者が多いようです。

当事務所は法律の専門家の観点からも、お客様の救済方法を検討することができます。

また、不動産業者の経験に左右されるのが「任意売却」というものです。

債権者様、債務額、物件の価値、競売開始時期など複雑に絡み合う権利関係を整理でき、まとめあげるというノウハウを持ち合わせている任意売却専門不動産業者に依頼しましょう。

担保不動産競売開始決定通知書が来ているということは、競売が開始されてしまうまでの時間が半年ほどになり、対処できる期間が短くなっています。

一刻も早く、専門家にご相談することをおすすめいたします。

ぜひ一度、当事務所の無料相談をご活用ください。

 

競売の回避方法について

競売の回避方法として、債権者との交渉によるリスケジュール、任意売却などの手段が考えられます。   

回避方法① 債権者との交渉によるリスケジュール

リスケジュールとは、あなた自身が各債権者(=金融機関)と支払い条件を交渉し、毎月の返済額やボーナス払いの金額、返済期間の変更を行うことをいいます。

これは決して債務の免除ではありません、期間の延長をして毎月の返済金額を減らすことで返済を可能にするだけです。ですから、返済期間が長くなるほど債務(借金)は増加していきます。

支払条件変更後に滞納した場合、全債務を一括請求される可能性が高いので、交渉時には「無理のない支払金額での交渉」をしましょう。

回避方法② 任意売却

競売を避けるためには「任意売却」手続きを行う必要があります。
任意売却とは、自宅などの不動産を所有者自らの意思で売却をして、住宅ローンを返済する方法です。

任意売却について詳しくはこちら 

返済が不可能になってしまってから何もアクションをおこさなければ、近いうちに競売処分となることは避けられません。任意売却で早めに処理をするのか、それとも条件の難しい競売を待ち続けるのかは、あなたの判断にゆだねられます。

いずれにしても競売を避けるためにこれらの方法を採れる時間は限られています。一刻も早く専門家にご相談することをお勧めします。

弊社は住宅ローン問題の豊富な経験がございますので、競売を避けるために幅広いご提案が可能です。
また、任意売却は債権者との交渉など複雑な手続きが求められますので、ぜひ一度ご相談下さい。

 

PAGETOP